「知」の結集 ゆびすいコラム - コンサル

2016.02.01

ものづくり補助金3つのコツ

 昨年度で終わりと言われていた、ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金)が今年度も実施されることが決定しました。詳細な内容につきましてはまだ中小企業庁からの発表はありませんが、2月初旬からスタートの予定と発表されています。
 ゆびすいも認定支援機関として昨年までと同様、今年度もお客様のサポートをしていきたいと考えております。また過去数年の傾向から、今年度も募集期間が短くなることが予想されますので、応募をご検討されているお客様は、是非早めに準備に取り掛かっていただくことをおすすめしております。

採択のコツ
   まずは公募要領にも書かれているように、「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」を良く読んでいただくこと、またその内容に沿った取り組みをしていただくことがあげられます。同様に特定ものづくり基盤技術に該当する業種の場合は「中小ものづくり高度化法」を参考にしていただくことが重要です。
 これらは国の指針、つまり中小事業者さまへの国からのニーズですので、これらに沿った内容での応募ですと、採択される可能性は大いに上がります。
 残念ながらそれらの業種には当てはまらない場合も、諦めることはありません。
一般的な業種での応募のコツは、「独自性があるか・ターゲットが明確か・強みがあるか」というポイントです。
 例えは・・・そうですね。今日は雨が降っていますので「傘」を例にとってみましょう。コツを無視した感じだと、「新しい傘を開発します。」という表現になります。コツを考えて書くと、「OLをターゲットとした、カラフルな軽い傘を開発します。また当社は既存事業としてナイロン生地に強みを持つアパレルメーカーであり、傘の生地に使うナイロンへの着色技術とOLへの販路に強みを持っています。」というような書き方になります。どちらの事業が上手くいきそうかは、一目瞭然ではないでしょうか。

二つ目のコツ
 「アンゾフのマトリックス」を使った考え方です。ここでは細かい説明は省かせていただきますが、アンゾフのマトリックスとは、「誰に何を売るか?」という営業戦略の基本中の基本部分であり、我々コンサルタントが現場で一番良く利用するスキームです。ものづくり補助金においても既存事業のやり替え、例えば「設備を新しいものに入れ替えて、生産性を少し向上させます。」という既存市場・既存製品で戦うよりも、新しい市場を開拓する市場開拓戦略や、新規の製品を創る製品開発戦略の方が採択率も高い傾向があるように感じます。
 ただしご注意いただきたいのは、新市場・新製品を狙う多角化戦略の場合は、「強み」が薄れる場合が多く、応募書類の作成において実現可能性が低く見えるケースが散見され、やや採択率は落ちる傾向にあるようです。(あくまでも弊社取り扱い事例の場合です)

三つ目のコツ
「投資効率が良さそうか?」というポイントです。当然この補助金は税金を投入して行われる事業ですので、1000万の補助金で売上が800万上がります。という計画では採択は難しいでしょう。
また私共ゆびすいは税理士法人ですので、事業者の皆様が必死に作っていただいた利益の中から、「これだけの額の納税をお願いします」と適額納税をお願いする立場です。事業者様のご苦悩も日々目の当たりにする立場として、1000万の血税が800万の売上にしかならないというようなプランには、認定支援機関のハンコを押すようなマネはできません。
1000万円の補助金を使って、それ以上の付加価値額やGDP貢献額を作ることが採択の大きなポイントとなります。そもそも1000万円という補助金額は一般的な株式会社の創業時の資本金の額です。つまり、新規事業を始めるにも十分な額です。これだけ大きな補助を受けることができるチャンスですので、少しでも可能性があるなら、是非ご応募していただきたいと思います。また私共へのご相談もお待ちしております。

経営コンサルティング事業部
石川 泰令
昨年度で終わりと言われていた、ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金)が今年度も実施されることが決定しました。詳細な内容につきましてはまだ中小企業庁からの発表はありませんが、2月初旬からスタートの予定と発表されています。

2015.07.06

創業・雇用創出特区

国家戦略特区をご存知でしょうか? 福岡市は国家戦略特区のうち「創業・雇用創出特区」となっています。

福岡市での開業・新規事業のスタートにより、雇用を生むことを目的とした戦略です。

取り組みとしては、創業等の支援による開業率の向上、MICE(多くの集客交流が見込まれるビジネスイベント等の総称)の誘致等に取り組んでいます。

創業に関して具体的には、スタートアップカフェなるものがあり、コンシェルジュ(弁護士さん等)が企業に関する相談に無料で乗ってくれます。

また、起業に関するイベントなども開催され幅広い年齢層が利用しているようです。

MICEの誘致等に関しては、道路法の特例を活用したイベント(先日は天神のきらめき通りというところで、ファッションショーなんかも開催されていました。)や懇親会による交流が新たな出会い、ビジネスチャンスにつながるかもしれませんね。

もし、開業・新規事業をお考えの方がいらっしゃいましたら、福岡でのスタートを検討してみてはいかがでしょうか。

今後も国家戦略特区として規制・制度の改革が進むことに期待です。

(佐藤 大輔)
国家戦略特区をご存知でしょうか?福岡市は国家戦略特区のうち「創業・雇用創出特区」となっています。福岡市での開業・新規事業のスタートにより、雇用を生むことを目的とした戦略です。取り組みとしては、創業等...

2014.10.23

経営革新計画のご案内

 経営革新計画とは、中小企業が新規事業を行う際に、経営計 画を策定して都道府県に申請し、承認を得ることにより様々な 公的支援を受けることができる制度です。中小企業にとって、 もはや銀行のプロパー融資は期待できません。今後の中小企 業の資金繰りは、いかに信用保証協会の保証枠を拡大するか、 いかに公的支援を獲得するかが重要となります。

経営革新計画の承認を受けると下記のようなメリットを享受で きます。

・政府系金融機関の低利融資制度  ⇒政策金融の中で、最優遇の金利に優遇されます。

・信用保証の特例  ⇒特別枠(無担保枠8,000万円)が得られます。

・補助金申請の権利を得られる  ⇒経営革新計画の承認が必須条件の補助金があることや、も   のづくり補助金など、経営革新計画の承認を得ていることが   ポイントになる補助金が存在します。

・海外展開支援制度 ・販路開拓支援制度  その他、様々な支援策が利用できます。

国は毎年、中小企業支援に数千億円の予算を投じています。

これはもちろん税金で賄われております。国は税金から中小 企業に公的支援を与えたり、有利な融資条件を与えたりして いるわけです。経営革新計画の承認を受けることにより、税 金を支払うだけの企業ではなく、税金を利用する企業へと転 換できるわけです。今後の資金繰り等の戦略を考える際に、 この経営革新計画の承認制度の利用を検討してみてはいかが でしょうか。

経営コンサルティング事業部
中小企業診断士 山本淳一
 経営革新計画とは、中小企業が新規事業を行う際に、経営計画を策定して都道府県に申請し、承認を得ることにより様々な公的支援を受けることができる制度です。中小企業にとって、もはや銀行のプロパー融資は期待...

2014.05.22

設備投資に公的資金を利用できることをご存知ですか?

中小企業にとって、いつまでも銀行のプロパー融資に期待することは危険です。今後の中小企業の資金繰りは、いかに信用保証協会の保証枠を拡大するか、いかに公的資金、公的支援を獲得するかが重要となります。

小規模企業者等設備導入資金制度とは、中小企業の経営基盤の強化を図るため、中小企業の希望する設備を都道府県が購入し、長期かつ低利で割賦販売(ローン)またはリースする制度です。

この制度には下記の3つのメリットがあります。

◎信用保証協会の保証枠や金融機関の借入枠とは無関係であるため、運転資金やその他の資金調達に余裕ができます。

◎同一年度内で設備価格の合計金額が、8,000万円の範囲内で何回でも利用できます。ただし、割賦でお申込みされる場合は、8,000万円を超える金額(1,600万円まで)を契約時に前納すれば、9,600万円まで利用できます。

◎10%の資金(リースの場合は不要)で設備投資計画が立てられます。

この制度は中小企業にとって非常に有利な制度となっております。事例として、特殊車両(800万円)の導入の場合、通常の民間リースと比較して、総支払額で約170万円のコスト削減になります。通常の民間リースの場合、4年~5年のリースを行い、その後、1年間の再リース、最後に買取となります。これらの全ての支払額と当制度の総支払額を比較しております。

対象は、従業員規模50人以下の企業で、法人企業の場合、連帯保証人は原則として代表者のみ、個人企業の場合、連帯保証人は原則として不要です。

このように、中小企業にとって非常に有利な公的資金となっております。しかしながら、知らない企業が多いため、当制度はあまり使われていない制度です。知っている企業だけが得をし、知らないと損をしてしまう制度です。

設備投資を検討されているなら、当制度を利用してみてはいかがでしょうか。

中小企業診断士 山本淳一
中小企業にとって、いつまでも銀行のプロパー融資に期待することは危険です。今後の中小企業の資金繰りは、いかに信用保証協会の保証枠を拡大するか、いかに公的資金、公的支援を獲得するかが重要となります。小規...

2014.02.25

ものづくり・商業・サービス革新補助金の支援業務受付中!!

2月17日からものづくり・商業・サービス革新補助金の第1次公募が始まりました。

同補助金は、革新的な商品やサービスを提供する中小の設備投資や試作品開発を促す支援策です。製造業だけでなく、26年度年からは卸売業、小売業商業サービス業など対象を拡大しました。生産プロセスの改善や新たなサービス・販売方法の導入に取り組む中小を広く支援する形に改め、1400億円を予算となりました。

公募期間は1次締切が3月14日(水)、2次締切が5月14日(金)となっています。

ゆびすいは、25年度のものづくり補助金で支援した結果、採択率が約70%と平均を大きく上回る結果を残すことができました。

26年度も頑張る中小企業の支援いたしますので申請をお考えの方はお問い合わせください。

詳細は以下のページをご覧ください。

http://www.yubisui.co.jp/lp4_2/
2月17日からものづくり・商業・サービス革新補助金の第1次公募が始まりました。同補助金は、革新的な商品やサービスを提供する中小の設備投資や試作品開発を促す支援策です。製造業だけでなく、26年度年からは卸売...