座談会 新卒向け

風通しがよく、相談しやすい
資格取得に向けても恵まれた環境

水野上 崇
入社7年目
(立命館大学 経営学部卒)

中川 裕香
入社3年目
(神戸大学 経営学部卒)

一般企業を主に担当している水野上さんと、学校法人や社会福祉法人など公益法人を 中心に担当している中川さん。業務に多忙な毎日を過ごしながらも、時間を作っては 資格取得の勉強をしたり、休暇を取って海外旅行も楽しんでいます。 そんな二人に税理士の仕事について、ゆびすいの魅力について聞いてみました。

税理士を目指したきっかけを教えてください

水野上

大学の時に何か資格をとろうと考えて簿記を勉強したら、おもしろくて自分に向いているかもと思ったのです。 次に、公認会計士か税理士の資格を考えたとき、お客様と同じ目線でできる税理士を選びました。
それに、資格を取って独立したら普通のサラリーマンよりすごくお金が稼げそうと思っていました(笑)。

中  川

身近に経理マンなど会計畑の人が多かったので、小さい頃から会計が身近でしたが、税金は誰しも関わりのある重要な分野だからと思い、税理士の資格の勉強を始めました。勉強を始めてみると、何しても税金がかかるなと思います。しかもややこしいなと。しっかり知識をつけて、たくさんの人の力になりたいですね。

「ゆびすい」を選んだ理由は何ですか。

水野上

就職サイトで探した時に、関西に個人ではない会計事 務所は「ゆびすい」しかみつけられなかったのです。あと、説明会の時の雰囲気がよかったので。面接は2社受けたのですが、やっぱり「ゆびすい」がいいなと、これも縁かなと思いました。

中 川

私も面接のときに、会社の方の雰囲気がよくてこの会社で働きたいなと思いました。あとは、労務や登記、コンサルの事業部があったり、税務だけでなく公益に強かったり、いろんなプロフェッショナルの方の人がいるのがとても刺激になりそうで、魅力的に感じました。

仕事をやってみて当初の想像と違った点は。

中 川
お客様の所へ伺うことが多くて、会社の席に座っていることが少ないことが、一番想像と違ったところですね。税理士=机に向かって電卓叩いているイメージだったので(笑) ただ、いろんな地域にいけるという、面白さはありますよ。
水野上
私も自分は営業に向いていないと思っていたので、資格をとろうと考えて いましたが、全然違いました。知識は当然ですが、コミュニケーション能力も大事な部分でしたね。両方のバランスが必要です。
中 川

公益法人のお客様からの質問は、特殊な事案だけに、時にややこしくて大変なものもあるのですが、お客様に、「助かった。ありがとう。」と言われると、頑張ってよかったなぁと思います。難しい事案を分かりやすく、説明することがこんなに大変だとは思いませんでした。

水野上

お客様の望むことだけを言うのではなく、お客様にとって聞くのが辛いことも言わないといけない。信頼してもらっていないと、きちんと対応してもらえないから、自分のことも理解してもらって、相手のことも理解して、信頼関係を深めることが大切ですね。

「ゆびすい」の自慢できることは何ですか。

水野上
やっぱり人ですね。ほんとに人間関係がいいです。相談もしやすいし、自分の言いたいことも言えるし、すごく風通しがいいと思います。
中 川

公益のゆびすいブランドが本当に強いことです。顧問先でない幼稚園、保育園や行政の方々でも「ゆびすいさん」とみんな知ってくれていて驚きました。

水野上
知識量が多く、資料もたくさんそろっているし、得意分野の違ういろんな人がいる。困ったことがあったら話をして、 結論を出せるのもいいところですね。
中 川
そうですね。お客様の件数が多いので、特殊な事案でも、ノウハウが蓄積されているところがいいですよね。
水野上
それに、何か相談した時に、みんな忙しくて大変なは ずなのですが、時間をとってくれるんです。先輩方の横のつながりもしっかりしているので、詳しい人を紹介して答えにつながるきっかけや解決まで協力してくれるんです。

本当に働きながら資格の勉強はできるのですか。

水野上
繁忙期は忙しいのですが、通常月は自分で仕事を組み立てて調整すれば、1週間休むこともできますよ。
中 川

税理士試験直前に連続して勉強休みをとれるのは、本当に大きいです。巡回の移動の電車時間などのすきま時間をつかったり、閑散期に繁忙期の分まで勉強したりメリハリつけて勉強できます。

今後の目標や抱負を教えてください。

水野上
ゆびすいでは、いろんな資格者が 自分の得意分野を活かして協力しあう ところが、ものすごくいいなと思っています。自分も税法に関する知識を深めて、 他の資格者とともにお客様の発展に役立つことで、さらに自分も成長していきたいです。
中 川

公益ならではの税務を深めて、他の事務所でできないプロフェッショナルを目指したいです。公益を取り巻く制度もめまぐるしく変わっていて、お客様もいろいろな不安を抱えていらっしゃるので、いろんな面で力になって支えられるような知識・経験を確立したいです。

税理士法人ゆびすい 採用向けfacebook