会計基準移行処理業務

学校法人会計基準の一部を改正する省令(平成25年4月22日文部科学省令第15号)が公布され、平成27年度(知事所轄学校法人については平成28年度)以後の会計年度に係る会計処理及び計算書類の作成から適用されることとなりました。
上記、記載のとおり知事所轄法人である多くの幼稚園は、平成28年度から適用となります。

この改正は、会計処理についての変更よりも、決算書としての表示の部分についての変更が大部分を占めていますので、表示等の確認をして改正への対応をして下さい。

注意点
  • 平成28年度の計算書類等から適用するには、平成28年度の予算段階から新基準への切替えが必要となります。
  • 新年度予算の様式の検討が必要となります。
  • 各所轄庁が、会計基準改正に応じて処理標準の改正の通知を出している場合がありますので所轄庁の通知等の確認もお忘れなく。
詳しくは「学校法人会計基準改正」をご覧下さい。

会計基準改正への対応や、団体開催の研修等講師派遣は、お気軽にお問い合わせ下さい。

『学校法人会計基準の一部改正』の概要

学校法人会計基準の一部を改正する省令(平成25年4月22日文部科学省令第15号)が公布され、平成27年度(知事所轄学校法人については平成28年度)以後の会計年度に係る会計処理及び計算書類の作成から適用されることとなりました。

1.改正の背景

制定以来40年以上が経過する中で、学校法人会計基準は私立学校の財政基盤の安定に資するものとして、また補助金の配分の基礎となるものとして、広く我が国の学校法人の会計実務において定着してきました。
この間に、社会・経済状況は大きく変化し急速な少子化等私立学校を取り巻く環境も大きく変化し、世界的に進む会計のグローバル化等による、企業会計の改正・国立大学の法人化・公益法人や社会福祉法人の会計基準の変更等も進んでいきました。
これらに対応するため、公益性を有する学校法人会計についても、改めて社会により分かりやすく説明できる仕組みを充実させるため、経営判断に一層資するものとするため、改正することとなりました。

2.改正のポイント

この改正は、会計処理についての変更よりも、決算書としての表示の部分についての変更が大部分を占めています。

  • 様式、別表の改正
  • 勘定科目区分の変更等
  • 会計処理の改正

3.主な改正点

(1)資金収支計算書
  • 現行の『資金収支計算書』を今後も維持するとともに、新たに『活動区分資金収支計算書』の作成が必要になりました
    ※知事所轄学校法人には作成義務はありません。
(2)事業活動収支計算書
  • 名称が、『消費収支計算書』から『事業活動収支計算書』へ変更となります。
  • 経常的収支・臨時的収支に区分して、それらの収支バランスを把握できるようになりました。
  • 毎年度の収支バランスを判断しやすいように、基本金組入れ後に加えて、基本金組入れ前の収支差額も表示することとなりました。
(3)貸借対照表
  • 基本金の部と消費収支差額の部を合せて『純資産の部』となります。
  • 固定資産の中科目として新たに『特定資産』が設けられます。
  • 『消費支出準備金』を廃止します。
  • 基本金について改正されました。
    ①第2号基本金について対応する資産を『第2号基本金引当特定資産』として表示することとなります。
    ②第3号基本金について対応する運用収入を『第3号基本金引当特定資産運用収入』として表示することになります。
    ③第4号基本金については、その金額に相当する資金を年度末時点で有していない場合には、その旨と対応策を注記することになり、その額の算定について改正がされました。
(4)その他
  • 固定資産評価についての会計処理の取り扱いについて。
  • 有価証券評価について。
  • 過年度修正額の会計処理について。
  • 注記事項が充実されます。

4.幼稚園における改正の影響

(1)予算
  • 平成28年度の計算書類等から適用するには、平成28年度の予算段階から新基準への切替えが必要となります。
  • 新年度予算の様式の検討が必要となります。
(2)会計処理(日常会計)
  • 日常の会計処理については、大きく変更はありません。
  • 会計基準改正の理解・把握をし、自園への影響を考える必要があります。
  • 会計システムの変更を検討する必要があるかもしれません。
  • 経理規程の見直しが必要となります。
(3)決算作業
  • 文部科学省や日本公認会計士協会から発出されている通知・実務指針等の改正事項を考慮しての決算作業が必要となります。

各所轄庁が、会計基準改正に応じて処理標準の改正の通知を出している場合があります。所轄庁の通知等の確認もお忘れないようご注意ください。

詳しくは、お問い合わせ下さい。

税務会計サービス