会計ソフトQ&A

Q.

「ゆびすい会計シリーズ」とは何ですか?
A.
「ゆびすい会計シリーズ」は、「フレンドリー」をコンセプトとして開発した、ユーザー様に大変やさしい会計システムです。WindowsXP以降のパソコンであれば、スタンドアロンの標準システムから、LAN対応版までカバーできます。

Q.

「ゆびすい会計シリーズ」の特徴は何ですか?
A.
簿記の知識がなくても簡単に入力ができる帳簿入力方式を採用しています。もちろん、伝統的な振替伝票での入力方式も選択できます。
Q.3
ところで、指吸(ゆびすい)って何ですか?
A.
ゆびすいグループは指吸千之助が昭和21年に開所した指吸計理事務所に端を発しています。

Q.

ネットワークでの利用は可能でしょうか?
A.
Microsoft SQL Server 2005でのLAN環境であれば、可能です。

Q.

導入に際し指導してもらえますか?
A.
専門スタッフがご指導致します。(有償)

Q.

勘定科目は自分で設定できますか?
A.
決算書・予算書・月次計算書に表示する科目名称・出力順位・表示(印刷開始)位置等を自由に変更できます。また、1科目について補助コードを9999個まで追加できます。

Q.

総勘定元帳のフォームを選べますか?
A.
普通紙タイプ、指吸専用紙タイプ、ヒサゴ専用紙タイプから選択できます。

Q.

固定資産の管理ができますか?
A.
標準システムには「固定資産」メニューがあるので、できます。逆算機能があり、計算済の減価償却累計額に一致させる事ができますので、他社ソフト等から移行されても矛盾しません。

Q.

予算管理ができますか?
A.
予算入力していただければ、月次計算書に「執行率」として計算されます。また、月別の予算を入力設定する事も可能です。 また、年度更新をしなくても翌年度の予算入力ができます。

Q.

配賦処理ができますか?
A.
仕訳入力時に部門コードを99に指定します。配賦したい科目について配賦登録をして運用していただきます。

Q.

経営をサポートするメニューがありますか?
A.
他のシステムにはみられない財務分析や予算シュミレーション等、豊富な経営管理機能をも搭載しています。

Q.

入力したデータをExcelで使用できますか?
A.
すべての帳票をエクセルに出力することができます。主なデータについてはテキストデータやCSVフォーマットでエクスポートできますので、Excelで読み込んで使用できます。