座談会 新卒向け

先輩や上司、他部門との距離が近く、相談しやすい
優秀な先輩や同僚と切磋琢磨して成長できる環境

 田中 香代子
2017年新卒入社
(早稲田大学卒)

田中  隆文
2017年新卒入社
(立命館大学卒)

2017年4月に新卒で入社した大阪支店の田中隆文さんと東京支店の田中香代子さん。
そろそろ会社や仕事にも慣れ、お客さまのところに一人で訪問することが増えてきました。
そんなフレッシュな二人にゆびすいを選んだ理由や、ゆびすいの魅力について聞いてみました。

税理士を目指したきっかけを教えてください

田中香
大学生の時に、都内の会計事務所でアルバイトをしており、時間を忘れるぐらい業務が楽しかったため、仕事にしたいと思いました。

勉強も好きなほうですし、専門の仕事をするからには、きちんと資格を得て働かなければと思い、目指しています。

田中隆
大学入学前に、大学生活を遊んで過ごすのはもったいないと思っていたこと、父親が会計事務所職員だったことなどから、税理士を志すことにしました。

あと、税理士は平均年収が高く、社会的イメージもすごく良いので、資格を取れば勝ち組だと思っていました(笑)

「ゆびすい」を選んだ理由は何ですか。

田中香
大学で社会福祉を専攻していて、社会福祉法人の支援をしたいと考えていました。そのため必然的に、公益法人の顧問先が多かったゆびすいが第一志望でした。
他にも公益法人の顧問先が多いところもあったのだと思いますが、調べきれていませんでした。出身が大阪なので、本社が大阪にあるというのも魅力的でした。
田中隆
最初の説明会の時の雰囲気ですね。正直、直感でしたが、ゆびすいで働いている自分が想像できました。
あと、創業年数70年超という長期継続企業であること、充実した福利厚生の部分、賞与の多さなど他の会計事務所と比較した際に魅力的に感じる部分がたくさんあったからです。

仕事をやってみて当初の想像と違った点は。

田中香
会計だけじゃなくて、人との関わりが重要だった点です。
PCと電卓が友達のような仕事だと想像していました。いざ入社して働き始めると、お客さまを始め、社内での先輩方との関わる時間が多く、PCと向き合っている時間より、人と向き合っている時間のほうが、とても学ぶべきことがありました。
田中隆
そうですね。机に座っている時間が本当に短いです。新卒ですが、様々なお客さまの所に連れて行っていただいているので、外出している時間が長いです。

この点が一番想像と違いました。

田中香

決算書類・申告書を作成する技能を高めるのはもちろんですが、それ以上にお客さまとの信頼関係を結ぶことのほうが大事だと思っています。

「ゆびすい」の自慢できることは何ですか。

田中香
ワンストップサービスを提供できることです。
東京支店は税務・会計・社労・登記部門がワンフロアにあって、普段から関わりがあるので、直接質問や相談がしやすいです。他の専門部門の人から見る視点は私と違うところもあるので、とても興味深いです。それに、全国にある拠点間でも研修や仕事で人の行き来があります。 想像してた以上に交流があって楽しいです(笑)。
田中隆

やはり、人間関係の良さです。それを裏づけるように、コミュニケーション能力の高い人が本当に多いです。そのおかげで、わからないことの質問もしやすいですし、相談もしやすいです。

田中香
ほかには、個性を大事にしてることですかね。
私は大学時代の専門は社会福祉なので、畑違いの分野から税理士業界に入ったのですが、ゆびすいは1人の人間の個性として大事にしてくれています。自分なりのやり方を見つけることができる環境で成長できるのは、とても恵まれていると思っています。
田中隆

あと、優秀な先輩方がたくさんいらっしゃることです。やはり、自身の成長の速度を高めるには、レベルの高い環境に身を置くことが重要ですので、成長速度を高める場としてゆびすいは最適だと思いますね。

今後の目標や抱負を教えてください。

田中香
前提となる税務・会計の知識はもちろんのことですが、お客さまが求めているのは、「これからどうしたらいいのか」だと感じています。学校法人のお客さまは認定こども園制度が始まり、移行するかしないかの選択肢について考えられていると思います。さらに、社会福祉法人のお客さまは近年改正があり、今まで以上に、経営について考えなければいけないことが増えたと思います。ですので、ゆびすいとしてできる税務・会計の視点から、経営についてお客さまと一緒に考えることができる担当者になることが今後の目標です。
田中隆
短期的には、早く仕事を覚えて、会社の戦力になりたいです。企業会計、税務、学校法人会計、社会福祉法人会計、宗教法人会計と覚えることはたくさんありますが、徐々に力をつけていきたいと思っています。

長期的には、あの世代がすごいと言われるような世代を同期で作りあげていきたいですね(笑)。同期の活躍は良い刺激になりますし、これからも切磋琢磨していけたらなと考えています。

税理士法人ゆびすい 採用向けfacebook